読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クールビズおすすめ着こなしアイテム

クールビズの着こなしに悩む方へのおすすめアイテムご紹介

もはや根性論や照れでは済まされない昨今の日差しなので男性用の日傘を調査

梅雨も明け、突き刺さる日差しで、あっという間に日焼けしてしまいます。

 

日焼け対策万全の女性には、当然のこととお思いでしょうけど、

今なお男性には、レジャー以外の日焼け止めや、ビジネスウェアでの日除け対策がほぼない状況であると思っていいかもしれません。

 

その背景には、根性論や照れなど、男として──といった、暑さや日差しに負けないという思いが邪魔しているような気がします。

 

気温や気候が違っていた何年も何十年も前のことだったらいいんでしょうけど、

今の時代、気温の上昇や気候の変化で、その邪魔をしている思いが今後の健康を阻害しているのではないかと思っています。

 

そこで今回は、男性の通勤や移動中でも対策をとれそうな日除けアイテムを調査してみたいとおもいます。

 

昭和の時代はどうだったのか

http://blogs.c.yimg.jp/res/blog-25-9e/omega_j_fukuoka/folder/113298/50/5475550/img_0?1337447948

blogs.yahoo.co.jp

日傘は差していませんが、平成のクールビズ以前に開襟シャツと夏の帽子というスタイルですね。

いつから真夏も上着とネクタイをしないと失礼という悪習になっていったんでしょうか。某コンピュータ会社の営業が年中そのスタイルで出入りしていたことによるビジネス界的浸透という説もありますが。

blogos.com

 

気温は上昇しているしライフスタイルも変化している

毎年「今年は暑い」という話になりますし、各戸のエアコン設置も増え、東京では気温を下げるはずの海風が湾岸の高層ビルによって遮られているのではという話にもなっています。

【気候シリーズ】ゲリラ豪雨はなぜ起こる? - 自然の摂理から環境を考える

www.data.jma.go.jp

 

男性が持つ日傘のイメージ

おそらくこんなイメージが強いので、男性が日傘を差すというのに、抵抗があるんだと思います。

http://litbimg5.rightinthebox.com/images/384x384/201305/xnbz1369811086746.jpg

http://blog-imgs-55.fc2.com/k/i/m/kimonokimono/IMG_0026_201309241001299e5.jpg

http://kiyo2011.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_a96/kiyo2011/P4154323_1280x960_E8A39CE6ADA3E6B888-a4cf5.jpg?c=a1

 

 

しかしそんなことを気にしていられる気温と日差しではない

実際、今年の梅雨明け、日除けの対策をしなかった自分は、顔や体の日焼け跡が年々ひどくなっている感じです。

さらっと考えうる対策としては、

  • 外出前に日焼け止めを塗る
  • 帽子をかぶる
  • 日傘を差す

冬の乾燥のため以外で顔にクリームを塗るのは違和感があると思いますが、海に行くときにするのと同じことなので、大丈夫でしょう。

帽子は昭和のカンカン帽や昭和の刑事のイメージしかありませんでしたが、アイテムを探す価値はありますね。

日傘。男性が使用する実例や商品構成を一から見たいと思います。

 

男性日傘の情報を探してみる

matome.naver.jp

http://www.jupa.gr.jp/images/posts/special_57_01.jpg

komachi.yomiuri.co.jp

www.facebook.com

 

www.excite.co.jp

www.kasa-higasa.com

www.tenki.jp

男性が日傘を差して出勤や移動するのに、充分な社会的用意がそろっていますね。

決してビジネスマナーから外れているわけでもないですし、気にしすぎて対策せず、あとあと自分の体に支障をきたす必要もないわけですから、気にせず日除け対策をしたいところです。

アイテムを紹介

 

 

 

 

 日除け対策。

ばっちりといきましょう!